読者の声

(早々に読者の声を頂いています)
この詩集はぎりぎりの体験
から湧き出た、胸に迫る
言葉がぎっしり詰まっている
何度も読み返す貴重な本だ
これは宝と言える
(愛知県 S様)



「営業マンは幸せを運ぶ配達人」
素晴しい題名に惹かれて読んでみたが、今日までに出会ったことのない、内容の深さに衝撃を受けた。
日本中の営業マンに一度は読んで
ほしい一冊だ。
(北海道 M様)

数ある営業本とは根本的に
違った視点に立ち、
営業の成功とその極意を丁寧に
語るこの書は貴重な一冊だ。
感動、納得、時には、胸の熱くなる
ような展開有。著者の伝えたい
思いが切々と綴られている。
特に営業のスペシャリストは
「聞き上手」、営業は「恩返し」
また、キャンセルの対応の
仕方、イバラの道はバラ色の道へと
つながっている話等々参考になる
話題にあふれている、また自分
一人で実践できる話が多いのも
いい。この本は手放せない。
手元に置いておく。
(東京都 T様)

この本を読んで、
どうすれば成功できるか理解
できた。営業マンの力になりたい
一心で書いた
というこの本は価値ある本だと思う。
(東京都 K様)

きれいな花を見て
感動したとします、
何に感じ入ったかというと、
花が命いっぱいに色を輝かせて
咲こうとしている、その姿です。
本文のこの言葉が好きです。
(京都府 H様)

この本を読んだら、
営業マンとして、一歩も二歩も
成長できる、それだけの「力」を
もった本だと思う。
(東京都 M様)

お客様の心を
動かしたいと思ったら、
あなた自身の心が動いていることが
大切です等、感動をお客様に伝える
話など実例を示しながらの展開に
のめり込みました。
(千葉県 I様)

これこそ本当の営業の本だ。
百万軒から断られた著者しか
書けない真実がある、感動
した。これはもう営業だけ
の本ではない。
(広島県 Y様)


 
 

薫会推薦図書


本年創刊37年を迎える
『致知』から、
初となる名言集が誕生した。

肉容紹介

なぜ彼らは一流と呼ばれるのか?
各界一流のブロたちが貫いてきた流儀とは。

1章 学ぶ
納谷幸喜(大鵬)、小野次郎、竜門冬二、小柴昌俊 ほか

2章 壁にぶつかった時
山中伸称、野村克也、稲盛和夫、福島智、渡部昇一、栗城史多

3章 仕事の現犠
王貞治、宮本輝、江崎玲於索、道場六三郎、谷川浩司、ほか

4章 リーダーの条件
安藤忠雄、三浦雄一郎、平澤輿、塩野七生、ほか

5章 成功への道
中川一政、城山三郎、北方謙三、永守重信 ほか


稲盛和夫、王貞治、宮本輝、道場六三郎、山中伸弥など、
各界第一線で活躍するプロフェッショナルをはじめ、
土光敏夫、ドラッカ一、西堀栄三郎、相田みつを、
小林秀雄、松下幸之助といった人生の達人が残した言葉は、
時代を越えて心に深く迫ってくるものがある。
〈100人の中に林薫も登場します。〉